お金を借りたいと思った時に参考になるキャッシングガイド » お金借りたい時の情報 » キャッシングの返済が出来なくなったらまず相談

キャッシングの返済が出来なくなったらまず相談



キャッシング会社から利用者に連絡が入る時の例として、融資を受けておきながら、返済日にお金を返していない時があります。

 

キャッシング会社の人が、会社名は出さずに個人名で携帯電話や、固定電話に電話をしてきて、返済の遅延について問い合わせを行います。

 

期日までの返済が行われなかった時の、キャッシング会社の対応は色々です。

 

初めのうちは、返済か遅れていること、いつ入金が可能なのかの確認になりますので、びっくりするような電話にはなりません。

 

もしも、ただ忘れていただけであったり、期日を間違えて覚えていた場合は、今日じゅうや3日後など返済見通しについて答えましょう。

 

キャッシング会社から、返済日に関する問い合わせがあったとしても、きちんと返済すると伝えた日に入金が出来れば、それ以上大きな問題になることはありません。

 

相手に伝えた期日以上に返済日がずれこむことがないように、きちんと返済をするようにしましょう。

 

 

返済日が毎回遅れだすと...

 

一旦交わした返済日の約束を再び無視すると、何回もキャッシング会社からの電話が入るようになります。

 

初めのうちはキャッシング会社も、ソフトな言い方で返済の催促をしていますが、

 

何度も返済が延滞すれば、そうもいってはいられません。

 

ずっと返済日を無視し続けていると、キャッシング会社側からの取り立てが来ることもあります。

 

ただし、それでは人件費がかさむので、法的手段をとる会社が多いようです。

 

本来ならば返済しなければならないお金を返さずにいれば、いつかブラックリストに名前を連ねることになります。

 

キャッシングの返済に困ったときは、弁護士などの専門家を頼りましょう。

 

債務整理の相談だけなら、無料で受け付けているところもあるので、キャッシングの返済に行き詰ったら、

 

法律の専門家を頼って解決策を見つけるのも、ひとつの方法です。

 

[Sponsored Link]

 

この記事に関連する記事一覧

スポンサーリンク
人気の記事一覧
サーチ