お金を借りたいと思った時に参考になるキャッシングガイド » 借入審査と審査基準 » 

法人クレジットカードの限度額とメリットを比較して選ぶ



法人クレジットカードには、カード会社やカードの種別によって様々な付帯サービスがあります。

例えば、法人クレジットカードにも、個人向けのカードと同様に一般向けとゴールドカード等の上位クラスのカードが揃えられている場合があります。

それぞれのメリットを比較すると、一般向けよりも上位クラスのカードの方が限度額が高かったり、金利面で優遇されていたりします。

保険や福利厚生サービスやポイント付与等の特典内容が充実していることもあるでしょう。

 

 

 

一般向けカードのほうが割安で利用できる

その代わり、一般向けカードが特典内容に制限がある場合も、年会費が無料もしくは割安である場合もあります。

出張などの機会がない職種の企業や個人事業主の場合は、必要なサービスのみで、不要なサービスが一切なく割安で利用できる方が魅力的に映ることもあるでしょう。

審査難易度も一般向けの方が、取得しやすい側面があります。

個人事業主に限られることが多いですが、利用限度額の希望を規定の額以内にすれば、通常の法人クレジットカードの申し込みに必要な収入証明書や、事業内容の概要書などの提出が不要とされる場合があります。

事業用の銀行口座や税務署に提出した開業届の写しがあれば、事業を始めたばかりで申告書を提出したことのない方でも法人クレジットカードを作成できるカード会社もあります。

法人クレジットカードのメリットを比較して、一般向けカードでも十分な場合があります。

ETCカードを無料で発行できることもありますし、従業員の数だけ無料での追加発行ができるカードもありますので、吟味して自社にあったカードを選ぶようにしてください。

 

http://www.rh-energies-renouvelables.com/が参考になりました。

 

 

キャッシングの申込みと審査について



どの金融会社から融資を受ける場合でも、キャッシングを利用する時には融資を受けなければなりません。

 

キャッシング会社による審査の基準は、銀行、ゆうちょ銀行、消費者金融会社など取り扱うカード会社によって異なります。

 

年収を正確に申告することは手続き上では必須ですが、年収が低いからと融資が断られるとは限りません。

 

総量規制という法律がつくられたことによって、キャッシングの返済額は年収の三分の一を越えてはいけなくなり、審査時の明確な基準になっています。

 

ただし、銀行のキャッシングを利用した時には、総量規制の制限に該当することはありません。

 

キャッシングの融資では、正社員のほうが融資を受けやすいといいますが、アルバイトやパートでも、審査でOKが出ることがあります。

 

雇用形態は正規雇用か非正規雇用かということも大事ですが、むしろ勤続年数が長いことが重視されます。

 

できれば1年以上勤めていることが理想的です。

 

キャッシング申込み時の審査に通った場合でも、審査した際の評価によっては借入できる限度額に差が生じる場合もあります。

 

勤続年数がそこそこ長く、年収があり家族や持ち家があるなど信用の上がる条件を兼ね備えている人は、一度の利用限度額が高いと言われています。

 

キャッシング審査にかかる時間はかつては何日もかかるものでしたが、今では30分程度で審査結果がでるところも増加してきています。

 

申込みがスピーディにできたり金利が低く抑えられていたりと、キャッシング会社ごとに利用しやすさを追及して融資をしています。

 

とはいえ、キャッシングで大事なことは、借り入れる本人が無理のない範囲で借りることです。簡単に借りられるからと次々と融資を受けていては大変なことになります。

 

スポンサーリンク
人気の記事一覧
サーチ