ホーム

カードローンの審査基準を理解して借入審査に通りやすくするためには



カードローンでキャシングを利用するためには、借入審査に合格しなければなりません。

 

そのため多くの人が借入審査に通りやすくするにはどうしたら良いかを考えているでしょう。

 

借入審査の審査基準が厳しくないキャッシング会社を探して、そこに融資の申し込みをするというのは確かに方法の一つです。

 

しかし、融資が受けやすいといわれている賃金会社は、借入審査の条件が厳しくないキャッシング会社になりますが、

 

借入審査が厳しくない会社はいろいろな問題を持っています。

 

一番の問題は、金利が高かったりする危険性があります。

 

借入審査が甘いと言うことは、それに変わるデメリットを持っていることになりますので注意が必要です。

 

最近では少なくなりましたが、闇金、街金といった不当な金利を要求してくる悪徳業者もいます。

 

悪徳業者の審査は当然、甘いです。貸してから法外な金利を要求する訳ですので注意が必要です。

 

 

キャッシングの審査に通りやすくするためには

キャッシングの審査に通りやすくするためには、幾つかの工夫が必要です。

 

個人の信用情報が借入審査では何よりも大事なってきますので、

 

なるべく問題がないキャッシング利用歴にしておくことがポイントになります。

 

返済を滞らせたことがあって、個人信用情報会社に事故情報が残っている場合は、

 

事故情報が消えるまで融資は控えるという方法があります。

 

いざというときに困らないためにも、常日頃からキャッシングやローンの返済を滞りなくしておき

 

審査に有利に働くようにしておきましょう。

 

カードローンでもキャッシングでも、借りたお金を確実に返済したという履歴は、審査の評価を高めます。

 

初めて利用するカードローン会社であったならば、最初の申し込みは融資の希望額を少なめにすることが、

 

スムーズに審査に通りたいならば大切です。

 

確実に返済を行うことでキャッシング会社側の審査での信頼を積みあげ、

 

タイミングをみはからって融資の利用限度額を上げてもらうという方法もあります。

カードローンの審査基準を理解して借入審査をスムーズに行う。



カードローンでお金を借りるには必ず借入審査を通過しなければなりません。

 

借入審査基準は銀行カードローンと消費者金融で異なります。

 

また、各賃金業者の中でも異なっていて、しかも非公開となっています。

 

しかし借入審査で重要となる部分は銀行カードローンでも消費者金融でも変わりありません。

 

結局は「お金をしっかり返済してくれるか」にかかっており、返済能力を計る基準として、借入審査があります。

 

借入審査が厳しくて落ちた!

 

借入審査に通ることができない!

 

などと審査の厳しさもよく聞きますが、審査に落ちる方はそれなりの問題があります。

 

銀行カードローンも消費者金融も、お金を貸した利息で会社を経営しているので、

なるべく多くの方に貸したいのは本音です。

 

多くの方に貸して自分たちも潤いたいのに、借入審査で落とさなければならないのは、

返済してもらえる可能性が低いと判断しなければならなかったからです。

 

消費者にお金を貸していないかないと、賃金業者の利益は発生しないですが、

お金を貸して返済してもらえないと、貸し倒れでマイナスになってしまいもっと問題になってしまいます。

 

簡単にはお金を融資できない背景がわかると思います。

 

そのお金を貸して良いかの判断基準となるのが審査基準であり重要になってきます。

 

銀行カードローンと消費者金融の審査の厳しさ

 

銀行カードローンの借入審査の実態

よく銀行カードローンは審査が厳しいと聞きますが、審査内容は消費者金融と比べても交わないです。

 

銀行カードローンの審査が厳しいと思われるのは、銀行カードローンで借入する時は

大口(多額の借入)の金額を借りる方も多いからです。

 

大口の融資を受けた方が金利は比例して下がります。

 

そのため、大口で借りようとするのですが、希望借入金額が高ければ高い分、

借入審査も厳しくなりますので、審査で落ちる方も増えてしまいます。

 

加えて銀行カードローンは信託保全されていますので、審査も銀行と銀行の信託会社の

ダブルチェックが行われています。

 

そのため2回も審査をされるので、審査時間はどうしても必要になりますし、

審査内容もしっかりと確認され厳しく感じられます。

 

 

消費者金融の借入審査の実態

逆に消費者金融の場合は少額(50万円以下)での借り入れのケースが多く、

少額であれば提出書類も少なく、審査内容もシンプルなので合格する確率も高くなります。

 

少額であれば、もし返済されない時でも、消費者金融の被る被害が小さいことから

審査を迅速にしてユーザーを増やしているとも考えられます。

 

比較的、消費者金融の方が借入審査はスムーズに行くケースが多いです。

 

 

借入審査の項目

審査項目はいろいろありますが、もっとも重要なものは下記の2つになります。

 

現在の返済能力に関わる項目

現在の年収、会社の勤続年数、持ち家状況などで返済能力を計ります。

 

年収は当然多い方が良いですし、勤続年数も長い方が安心してもらえます。

 

持ち家もあった方が生活基盤がしっかりしている印象をもってもらえるのでプラスの評価になります。

 

返済能力を推し量っている訳ですので、あまりにも現実とかけ離れた金額の借入を希望しなければ大丈夫でしょう。

 

過去と現在のの金融商品の利用履歴

特に銀行カードローンは金融履歴にも審査の充填を置いています。

 

金融利用履歴は過去にキャッシングを利用した時の利用状況です。

 

過去に滞納したり金融事故があった場合は、審査ではマイナス材料になります。

 

滞納経験があるとまた滞納すると考えられてしまうからです。

 

現在の借入状況も審査対象になります。

現在、他社で借り入れがある方は新規申し込みは厳しくなります。

 

賃金業法が改正されて全ての借入状況は一元化されたデータベースで管理されていますので、

他社の利用状況も借入審査に申し込んだ時点で判明しています。

 

現在、他社に借入履歴のある方は、まずはその借金を精算してから

新規のキャッシングに申し込んだ方が借入審査はスムーズに行きます。

 

1 13 14 15
スポンサーリンク
人気の記事一覧
サーチ