ホーム

クレジットカードでショッピングする時は限度額に注意



クレジットカードを使うと、ショッピングに出かける時に非常に重宝します。

 

クレジットカードがあれば、財布に入れている額を気にかけることもなく、100円玉や10円玉が転がったり、重さを感じることもありません。

 

大変便利なものですが、クレジットでショッピングする時は、限度額に気をつける必要があります。

 

大抵の人は、クレジットカードを発行してもらった時にいくらの限度額にしていたか、あまり意識せずにカードを使った決済をしています。
クレジットカードを使った高い買い物はしていないという人でも、普段から使っていると、気づけば限度額をオーバーしている可能性があります。
クレジットカードの利用額が、限度額に達してしまうと、買い物が出来なくなってしまいます。

 

お店でカード決済をする段階になってようやく、カードが使えないということを指摘されたりしないようにしましょう。

 

クレジットカードでも、財布の中のお金も、今どうなっているかを知っておくことは欠かせません。

af0100027976

 

限度額はあげてもらえる

また、海外旅行などで普段よりもたくさん買い物をしそうな時は、一時的に限度額をあげてもらうということも可能です。

 

限度額を高くしたい時は、クレジットカード会社にその旨を連絡して、審査をし直してもらいます。

 

日頃から、クレジットカードの支払いをきちんとできていなかったり、滞らせたことがあると、限度額の上昇に応じてもらえないことがあります。

 

クレジットカードを利用する時には、利用額や支払日を忘れないようして、支払い期限は必ず守るようにしましょう。

 

主婦がカードローンやキャッシングを利用するためには



すぐにでもお金を用意しなければいけなくなった時には、

消費者金融会社などのキャッシングや、カードローンが役に立ちます。

 

消費者金融は、ほんの10年ほど前は、サラ金という表現がされており、

正社員であるサラリーマンでなければ利用できないものでした。

 

今ではサラ金などという呼び方はされておらず、

もっと手軽にお金が借りられるようなサービスに様変わりしています。

 

今でも、キャッシングが利用できるのは、正社員で働いているような

収入の多い人だけだと思っている人もいます。

 

現在では、もっと広く、多くの人が利用できるようになっており、

主婦や学生でも安定した収入があれば大丈夫です。

 

お金借りる

主婦や学生が消費者金融を利用する方法

月々の収入をコンスタントに得ている人であれば、

パートタイマーやアルバイトでも、融資は受けられます。

 

専業主婦は、自身の収入がありませんので消費者金融会社からの融資は難しいのですが、

銀行なら相談の余地があるかもしれません。

 

消費者金融会社は、申込み者の年収の3分の1をオーバーする金額を融資できません。

これは法律で定められているためです。

 

このカードローンやキャッシングの法改正によって、

収入の無い人には貸すことができないようになりました。

 

銀行はこの法律の対象になっていませんので、自分自身の収入がない主婦でも、

審査の結果次第で融資が可能になっています。

 

初めてカードローンを利用する人は、金利ゼロで借入れできるサービスを行っている

消費者金融会社もあるので、利用しない手はありません。

 

金融会社ごとに、カードローンやキャッシングサービスの内容は少しずつ違います。

 

融資を受ける時にはネットで事前に下調べをするといいでしょう。

 

スポンサーリンク
人気の記事一覧
サーチ