ホーム

住宅ローンの試算をする方法について



ローンを組む時には、確実に全額を返せるように、事前によく考えることです。

 

特に住宅ローンは高額になるので必須です。

 

住宅ローンの試算では、いくつかのポイントに注意する必要があります。

 

通常のローンと住宅ローンとでは、諸費用や頭金など、いくつかのポイントが異なるからです。

 

住宅ローンを組む時に保証料が必要となることが、住宅ローンの大きな特徴であると言われています。

 

もしも住宅ローンの返済中に、前倒し返済や、他のローンとの借りかえをすると、保証料が返ってくることがあります。

 

完済まで30年かける予定で借りていた住宅ローンなら、15年で返すことができた場合は、保証料が手元に戻されます。

 

前倒しで早く借りたお金を返したといっても、そこで保証料がまるまる払い戻してもらえるのではありません。

 

残高に対して保証料があるためです。

 

住宅ローン

 

保証料以外のお金について

住宅ローンを利用する場合には、諸費用は必ず必要であり、保証料のほかにもお金がかかるものがあります。

 

諸費用についても、試算をするときには気をつけておかなくてはなりません。

 

住宅ローンの申し込み手続きを行う時に諸費用が加算されます。

 

これは返済が終わるまで金利がつきますので、最終経費はより高くなっています。

 

どの金融会社が融資をしているかで、諸経費のかかり方は大きく違います。

 

試算時に把握することが重要です。

 

本来の予定よりずっと前倒しで返済を完了すると、戻ってくる諸費用もありますので、よくよくチェックしておきましょう。

クレジットカードでショッピングする時は限度額に注意



クレジットカードを使うと、ショッピングに出かける時に非常に重宝します。

 

クレジットカードがあれば、財布に入れている額を気にかけることもなく、100円玉や10円玉が転がったり、重さを感じることもありません。

 

大変便利なものですが、クレジットでショッピングする時は、限度額に気をつける必要があります。

 

大抵の人は、クレジットカードを発行してもらった時にいくらの限度額にしていたか、あまり意識せずにカードを使った決済をしています。
クレジットカードを使った高い買い物はしていないという人でも、普段から使っていると、気づけば限度額をオーバーしている可能性があります。
クレジットカードの利用額が、限度額に達してしまうと、買い物が出来なくなってしまいます。

 

お店でカード決済をする段階になってようやく、カードが使えないということを指摘されたりしないようにしましょう。

 

クレジットカードでも、財布の中のお金も、今どうなっているかを知っておくことは欠かせません。

af0100027976

 

限度額はあげてもらえる

また、海外旅行などで普段よりもたくさん買い物をしそうな時は、一時的に限度額をあげてもらうということも可能です。

 

限度額を高くしたい時は、クレジットカード会社にその旨を連絡して、審査をし直してもらいます。

 

日頃から、クレジットカードの支払いをきちんとできていなかったり、滞らせたことがあると、限度額の上昇に応じてもらえないことがあります。

 

クレジットカードを利用する時には、利用額や支払日を忘れないようして、支払い期限は必ず守るようにしましょう。

 

スポンサーリンク
人気の記事一覧
サーチ