お金を借りたいと思った時に参考になるキャッシングガイド » 借入審査と審査基準 » お金を借りたい時の借入審査と審査の内容基準の内容

お金を借りたい時の借入審査と審査の内容基準の内容


キャッシングで融資を受ける時には、審査に合格することが必須条件になります。

 

キャッシングの審査内容は気になりますね!

 

でも審査基準は、どこの賃金業社でも社内秘であり公開されていません。

 

ただ審査内容はおおよそわかっています。

 

キャッシングの審査内容

 

まずキャッシングの審査では、在籍確認という作業があります。

 

借入審査で重視される項目として、勤務先の会社年間収入持ち家か賃貸かというものがあります。

 

キャッシング会社がキャッシング契約の審査のときに行う在籍確認とは、

 

キャッシングの申し込みの際に申込み者が記入した勤務先や住居に対して

 

キャッシング会社が直接電話で確認をするだけです。

 

キャッシングの審査について外部に知られてしまうのが嫌な人は、

 

審査人が企業名で名乗らず個人名で名乗るように頼んでおきましょう。

 

在籍確認とは、必ずしも行われるとは限りません。

 

まずは本人情報をチェックするところから始まるためです。

 

年齢や年収などの審査で落ちた場合は行われません。

 

 

キャッシング審査では必ず年収の審査があります。

 

小口の融資であれば、給与明細等がなくても融資が受けられることがあります。

 

しかし、大口の融資を希望している人は、年収を示す書類をつけてキャッシングの手続きをします。

 

また年収が審査の際に必要になるのは、50万円以上の融資を受けたい場合です。

 

キャッシング審査では年齢も審査対象です。

 

一般的には年齢制限を20歳以上としているところが多いです。

 

20代や30代であっても、アルバイトなどの職業が不安定な人は

 

キャッシング審査に通りにくくなってしまいます。

 

キャッシングにおける審査内容は過去に金融事故を起こしていなければ、恐れる必要はありません。

 

 

この記事に関連する記事一覧




サーチ
テーマ
最近の記事一覧