お金を借りたいと思った時に参考になるキャッシングガイド » 借入審査と審査基準 » 低金利の銀行ローンの審査基準について

低金利の銀行ローンの審査基準について



できるだけ低金利で融資を受けたいという人は、銀行カードローンを検討してみましょう。

 

銀行からのローンは、住宅を購入する時に使うことが多いようですが、銀行のローンは他の金融会社に比べて審査が厳しくなりがちです。長期固定金利サービスであるフラット35も人気がありますが、審査が厳しく、誰でも借りられるというものではありません。

 

住宅ローンの融資は、大手の都市銀行や地方銀行が熱心に融資を行っています。不動産会社と民間の銀行とが結びついて、住宅ローンの低金利融資を行っているという場合もあります。

審査の内容については、民間の銀行は一部を非公開にしていますので、大まかな指針以上のことは、わかっていません。 年収は、フラット35ほど高く設定されていないらしいと言われています。

 

年が若く、定収入でも、一定の条件を満たしている人であれば、頭金なしで低金利の全額ローンを利用することができるといいます。勤続年数が3年以上で、安定した年収があることが低金利のローンを銀行から受けるためには必須の条件であると言われています。

 

どんな働き方をしているか、どんな業種で働いているかも重要視されます。自営業や契約社員は、審査の評価は低いようです。別な金融会社から融資を受けていないかも、確認されます。

 

この他にも審査で問われる項目があるようですが、詳細部分は金融会社によって違いがあります。月々の収入が安定しており、正社員として3年以上今の会社で勤務しているという人は、銀行へのローン審査が通る可能性が高いと言えます。

 

[Sponsored Link]

 

この記事に関連する記事一覧

スポンサーリンク
人気の記事一覧
サーチ